CONCISENESS / 巻頭超短編

著/霧生康平
絵/遥 彼方

CONCISENESS

特集『実験小説。』 あらゆる時代において、小説の最前線を支えているのは何だろうか。堆積された概念から脱却し、まだ誰も見たことのない地平を目指して疾走しつづけているのは、何という小説だろうか。答えは実験小説、だ。 既成のルールに対して挑戦的で、オリジナルを渇望する小説家の気概が、小説という枠組みを広げる実験小説。それこそが狭い世界に光を差しこませ、未開の領域を後続に投げるように与えるのだ。『回廊』は今、新たな小説を提示してしまった。

| トラックバック (0) | コメント (0)

この作品をはてなブックマークに追加はてなブックマークで感想を書く