◆ 巻末座談会 ◆

【浜田遊歩「表紙」】

秋山真琴 今回は浜田遊歩さんに表紙を依頼しました。テーマが祝祭で特集が都市ですとお伝えしたところ、遊歩さんなりに何か来るものがあったらしく、「僕のHPにあるどの絵より華やかで賑やかにしたいと思ってます!」という嬉しい言葉をいただきました。
遥彼方 すごいクォリティです。
六門イサイ 賑やかな雰囲気が、まさに祝祭って感じの華やかな絵ですね。
佐野 メッセのアイコンとしても使用させていただいております、応援含めだけど。
雨下雫 おおおお女の子しかいねえええええ!
遥 しかも可愛い子ばっかりですよ!
芹沢藤尾 待望の新学期って感じがいいね。
佐 すげぇ。
秋 ポイントは華やかな娘たちと、舞い散る花びらですね。素晴らしいです。今までの表紙の中で、見るものの目を引きつける抜群の輝きを持っていると思います。
遥 肩出しの服のデザインも、かわいいですな。
秋 そうそう、肩を出す衣装は素敵ですよね!

【遥彼方「祝祭へのプレリュード」】

秋 これは二種類の中表紙を作ったのですが、片方がえらい不評で。私は悲しい。
雫 なんで遥ちゃんは毎回毎回こう、どえらいくらいに自分の世界を主張した作品を上げてくれやがるのか。超嫉妬。
遥 「わたしが許す、存分に祝え」でしたっけ? 没になったほう。うちはあの文言も好きだったのですよー。
六 偉そうなところがいかにも編集長チック。
遠野浩十 ボツになったほうは、秋山っぽさが前面に出すぎだと思いました。
遥 色を塗るの、たのしかったです。下絵が奇想っぽいので、色で思いっきり祝祭っぽくしようと思いました。

【第一特集】
【空信号「表紙の人々&…」】

秋 第一特集イラストの一発目は、空信号さんによる今までの表紙娘&男、全員集合イラストです。
雨街愁介 ファンシーで好きです。
秋 第二号の雲子が何気なく可愛らしいですね(※注・回廊二号は雲写真の表紙でした)
遥 雲くんかわえええ!
芹 にぎやかで楽しそうだなぁ。
遥 みんな、それぞれキャラも付与されてて。楽しいですね(笑)

【綾風花南「僕らは」】

秋 第一特集イラストの二発目は、綾風さんによるイラストですね。
六 舞い散る花弁のよーな光がきらきらしいっすな。
遥 おおお、きらきら!!
六 おにゃのこの笑顔が眩しいです。眼鏡のにーさんの表情がええです。
遠 きらきらと舞う花びらが、ちょうど発行時期の季節と重なってよいですよな。
雨 うっひゃあ。電撃文庫に載っていてもおかしくない……。
秋 どちらかと言うと、青い髪の男の子の方が可愛らしいですね。

【第二特集】
【那須花花「都市・黒夜・少女」】

踝祐吾 「黒夜」とは日本語で「闇夜」という意味なのですが、「闇夜」だとなんか響きが悪いので「黒夜」のままにされたそうです。
六 ゴスロリ少女ですね。絶対領域がビルに腰掛けておる。
遠 めちゃくちゃ高いところにいますよな、この子。ビルの遠景が遠く低い。
六 色の塗りがおさえめって感じですな。
秋 よく見れば、この子も肩見せファッションですね。
遥 肩見せ、回廊のトレンドですね。スカートかぅわいいなぁあああ。
秋 背景を細かく見ると車の流れがありますね。斬新な見せ方だ。
六 ビルの角度からすると、別々に組み合わせた気がするなあ。高い場所からの風景って気がしない。
雨 波打つように見えるんですよね。不思議。
秋 どちらかと言うと、少女の心象世界、みたいな感じがしますね。

【キセン「Don't Trust Over Zero.」】

六 実は読んでて良く分からなかったり。消化不良気味なのは、わざとなのだろうか。
秋 この作品は第四号に掲載された「エゴイマ」の外伝的作品ですが、こちらの作品を読んでいなくとも楽しめます。
遥 サイドストーリーですね。燃え殻みたい。主人公が。まだ熱を持ってて、時々ぼっと赤く光るんだけど、燃えつづけられないような感じ。
雨 相変わらず巧い!
キ ハハハハハ! どうだ、ピンとこないだろう! それが都市だ!

【時磴茶菜々「都市の星空」】

六 逆様の背景が面白いですね。で、夜の背景に対し、キャラが青空カラーで対比になっている。ちゃーなの描くキャラは基本的に可愛くてよろしかごす。翼描くのも好きだったやうな。
秋 実際、このイラストはかなりいいですよね。現状のちゃななさんのベストではないでしょうか。
遥 背景の使い方、綺麗ですね。ポップな感じの太い線も綺麗。うーん。いいなあ。こういうデザインしたいなあ。

【キセン「都市めいた蟲、蟲めいた都市の視線」】

秋 これは回廊には珍しい、真っ当な評論ですね。都市と江戸川乱歩を繋げています。中々、興味深く読めました。
キ この評論はテーマが、ゼロとリンクしています。
遠 乱歩は都市小説だからね。って、大学の教授が前に言ってました。
遥 キセンの評論とか書評って、対象への興味が自然と湧いてくるものが多くて凄いと思います。うち、乱歩は全然知らんのですが、気になってきました。
キ 果たして、小説と評論はいかにして関係することが可能なのか。その第一段階のもっとも単純な答えを試したつもりでいます。

【秋山真琴「廃墟と都市」】

雫 久々に面白い暇人に出会えたって感じだったぜ。
遥 楽しいですよっこれは。
夏目陽 編集者として一番相手にしたくない小説、それは秋山さんの小説ッ!
遥 どういうところが、特に難しいんですか?
夏 秋山さんの小説はこういうことがやりたい! ってのが先行してて、やってどうするんだってところを突っ込んでいかないとどうしても中途半端になりがちですからね。
芹 ああ。うん。こいつは暇人だ。と読みながら思った。
遥 やたら強い司書さんがかなりツボでした。
六 主人公が○○であることを隠していた理由がちょっち気になるぜー。主人公が理不尽に強くなっていた気がするけど、わりとエンタメ分が多くてよかったかな。前回のカリグラも面白いんだけどエンタメから外れた面白さだったし。
遠 今回のは、叙述とか使ったり、序盤の展開が読者の興味をひこうとしてる感じがして、珍しく秋山さんが読者に歩み寄ってるなあ、と思いましたよ。
秋 珍しいとか言われると、まるで普段は読者に歩み寄っていないみたいじゃないですか。
遥 いつもは、最初からぎゅーんと飛ばして、はっはっは、ついて来れるかなー? みたいな感じですよ……最初からってことはないか。でも、そこに乗っかっていくとすごい楽しい。
六 自分の不幸さについて、まわりくどい説明をする主人公がいかにも秋山キャラかもしれん、と思った。
秋 今回は第8号の特集イラストで参加していただいたみつさんに扉絵をお願いしました。作中に登場する重要人物を描いていただいたのですが、実に可愛らしく、またみつさんが今までに描いたイラスト(で自分が見たことのあるもの)でベストだと思いました。実に素晴らし。

【空信号「高架上のガリバー・カップル」】

六 らぶい。ラブラブすぎて、周りが見えず、あんな場所にいるけれど、憎めないカップル。
遥 いい表情してますよね、都会ッ子……都市ッ子? 色合いも綺麗ですよね。かなり、こだわっておられたそうですが。
秋 これは、男の表情がいいですね。この口元のニヤリは絶対、プレイボーイのそれです。この女の子は絶対、男の子に騙されてます。間違いない。
六 ひどい! 俺には二人が相思相愛にしか見えないよっ。
秋 ええー!? まさか、自分の見方がおかしいのでしょうか。
雨 確かにそうかもしれませんね。
六 暖かい目で見守ってやりましょうよ。
秋 仕方がありません。そうします。

【踝祐吾「さよなら、異邦人 Good-Bye, Stranger.」】

秋 『回廊』では意外に珍しいミステリ作品ですね。MMORPGの舞台が現実とリンクしているという点が面白いと思います。
六 MMOのイメージはラグナロク風で。ぶっさんは、前(『公園通りの懐かない猫』)もミステリ書かれましたね。前作のキャラも登場しているのが、かねてからの読者には嬉しいかぎり。
遥 構成が面白いと思います。ミステリについてはよくわからないのですが…でも、新鮮。
六 個人的に、さよいほはタイトルが合っているようなあっていないような気がしましたが。
夏 もっとMMOをクールに使ってくれると思っていたぜ!
踝 正直言うと、心理トリック使った方が楽だから、ガチガチの本格をやるためのトリックを考えると言葉足らずになってしまうってのが良くある(笑)
夏 個人的にはぶっさんには手堅くがっちりとしたミステリーを期待していたりします。家にあるクイーンとかの本を全部ぶっさんに強制的に読ませてみたいぜ。
踝 本格ミステリを金田一少年から読み始めた人なので。

【読切・連載・コラム】
【六門イサイ「歓喜の魔王 FREUDEN・ALBERICH.」】

雫 表紙が神。
秋 挿絵も神。
遥 ドイツ語ー。
遠 校正班長もにょ姉が、がんばってドイツ語の校正やってたなあ、魔王。
六 オフ会で見せてもらった、表紙原画は非常に眼福。ナマはまたいいなあ。
遥 扉絵はー。遥好みすぎてやーばーいです。
雫 イサイ作品というのは、まずごちゃごちゃに入り組んだ世界設定ありきの物語でございまして、その設定は、恐らく当人でさえ把握しきっていないという疑惑が持たれております。ちなみにイサイさんの作品を料理の行程に例えると、まず調味料をありったけぶち込んで、それに見合った肉やら野菜やらをぶち込む感じ。
秋 イサイさんの作品は基本的に設定先行かつ、場景描写が少ないというのが今までの定説でしたが。「魔王」においては、設定がほどほどに息をひそめ、場景描写は多く取り込まれており、ブレンド具合が素敵です。また、多くの人のアドバイスを受け、書き直されたことも功を奏したように思います。
六 今回は、ページ数を少なくする事を考えていたので、なるたけ余計なところを削ろうと努力していましたね。
雫 そう、イサイ作品にしては読みやすいのです。これでも。
芹 そしてイサイ節は今回も全開ですね。
遥 洗練されたわけですな。
六 そう! 今作になって、やっと設定の入れ方のほどよいバランスがちっと解ってきたんですよぼくってば!

【痛田三「NesT Trial Version」】

遥 トライアルヴァージョンってことで、お試し版?
秋 次号に掲載予定の作品の予告編を打つという試みは、初挑戦ですね。
雨 三人称と二人称が交互になってますね。
六 パラパラっと、映画か何かの予告編っぽく、細切れにエピソードが三本入っている。
秋 実はこの作品、序盤部分は控え目に書かれていて、ここだけを抜き出すと非常に地味な作品になっていたのです。何時間かにわたる編集によって、なんとか単体でも読めるようになったと思います。特に最序盤の雲のくだりは、ひとつの超短編としても読めるように思います。

【キセン「LIFICTION」】

秋 これはキセンさんにしては珍しい、メタ的な構造を持つ作品ですね。
遥 これ、デザインも含めてきっちりひとつの作品になっている感じですね。興味深い。
遠 このデザインはいいですよね。僕も素晴らしいと思います。

【フルヤマメグミ「A MURDER CASE OF COBALT60」】

秋 めぐんさんは毎号、小説作品での参加を心がけていただけるのですが、リアルが忙しいため、超短編しか掲載に至れません。残念なことです。しかし、この超短編は、めぐんさんの今までの作品の中でも、ベストランクだと思います。
遥 うーん、うち好みの話だー……。短い中にドラマが、たくさん詰まってますよね。
キ ああ、これ良かったですね。
雨 ラジウムを顔に塗って……ぎゃあああ。

【踝祐吾「積読にいたる病 第陸回」】

六 ぶっさんの世代と私は離れているはずなのに、割と重なる部分があると発見。
秋 今回は本と言うより、ゲームに主眼が移っていますね。ちょっと息抜きと言うか、休憩、みたいな回でしょうか。
遠 懐かしいネタが多かったです。オタク周辺のゲームを経験してきた人は楽しめるはず。っていうか、今回は本の話なんて出てこなかったような気が。次回以降はまた本の話に戻るんですかね。
雨 何だかどんどん読書系コラムから遠ざかっていく……。
遥 これ、今のところいちばんお気に入りです。

【からすとうさぎ「ラストパピヨン」】

六 ギーゼントの台詞が全部おもしろい!
秋 思春期の自意識に焦点を当てた作品のように思います。
からすとうさぎ 那須花花さんに挿絵を描いていただきました。自分が書いたものに絵が付くなんて初めての経験でえらい感動しました。
遠 僕としては、随所に仕込まれた『ゆらぎの神話』ネタに、ニヤリです。
遥 思春期の自意識っていうと、ちょっと露悪とか自嘲を含んだものになりがちなんですけど、ぱぴよんはチャーミングなんですよね。
遠 ファウスト系とかあのへんの、自意識ものに似てますよね。他人によって自意識が丸裸にされてしまう感じとか。
雨 自意識の問題は人間の問題と言い換えてもおかしくない問題ですからねえ。
か 中二病を突破したいという思いは最初にあったのですが、だからといって中二病を嘲るような視点は持ちたくないなというのを思っていたらああいう話になりました。ギーゼントのトークにはかなり力を入れたので、そこを評価してもらえているのはうれしいです。

【芹沢藤尾「陽炎の夏 第六回」】

秋 第六回にして、ようやく主人公の過去が語られましたね。
遥 おお、大詰めですね。完結したら、皆で乾杯しましょー!
芹 はい。あと二回なんで、よろしくお付き合い願います。
遠 最終回も近い。思えば、長い連載ですよね。
芹 創刊号からの連載だもんなぁ。
遥 いちばんの古株ですよね。
六 そうだね。思えば創刊号から続いているのって、唯一これだけじゃないのか。

【秋山真琴「1000 YEARS AFTER FROM THE END OF THE WORLD」】

秋 英語題に力を注いだ分、日本語題が格好悪くなってしまいました。
遠 長めの英語題と短い日本語題は、うまいこといいデザインに仕上がってると思います。
キ 王道だね。秋山さんの。
遥 美しい光景。うち、秋山さんの超短編の絵画的なところが好きです。
雨 秋山世界《アキヤマ・ワールド》へ、ようこそ。といった趣ですね。ネバー・エンディング・ストーリーを思い出してしまったり。
六 世界設定の時点で既に秋山節。
遥 直球だけど、染み入りますからね。ラスト。
秋 ありがとうございます。Do As Infinityの「夜鷹の夢」を聴きながら書きました。名曲です。

【桂たたら「小国テスタ2」】

夏 耳。その一言だと思う。
遥 休日の話なんですが、何か凄いことが起こりかけてますね。
遠 ですね! 早く後編を読んでもらいたいですね!
六 前編でしっかり伏線を仕込んでいて。休日がとても和むんだけど、ほのぼのを損なわない程度に不安を煽っている。そして急展開の後編! いやあ、続きが待ち遠しいドキドキ感いいね!
遥 絶妙ですよね。
雨 相変わらず文の間とリズムが最高だー。

【雨街愁介「DO YOU KNOW WHERE THEY ARE GOING?」】

夏 蟹ですね。
遥 もっとグロテスクに描き込んでも面白かったかに。
秋 なんとなく哀愁、漂っているのが好きです。
雨 蟹って、何だかどこかに哀愁があるんですよねえ。確か日影丈吉にも蟹の話があったなぁ……。

【第十号総括】

秋 祝祭の第十号もこれでおしまい。次回は隔月刊の最初の号、開門の第十一号になります。
一同 お疲れ様でした!!

                         (2007.03.30 回廊チャットにて)

| トラックバック (0) | コメント (0)

この作品をはてなブックマークに追加はてなブックマークで感想を書く


読み終えましたらクリックをお願いします。作者の励みになります。