4月14日に公式サイトにて公開し、4月15日に発行した『回廊』第四号に収録した「感想宣言」に関して。
 同宣言に関して、賛同するか否かを編集部内に改めて問い直し議論したところ、議論に参加した編集長を含む十二人の参加者のうち、十一人が賛成しました(最後の一人は保留、です)。『回廊』は毎号、十五人から二十人の参加者によって制作され、議論に参加した十二人は『回廊』編集部の核とも言える中心的人物たちです。よって「感想宣言」を、『回廊』編集部の総意として、また第五号以降の参加者には、同宣言に賛同するか否かを問うてから入部を認めたいと思います。

| 投稿者 : 秋山真琴@代表 | 投稿時刻 : 2005年04月20日 20:30

| トラックバック (1)

このエントリーのトラックバックURL:

  http://magazine.kairou.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/51

トラックバック

» [回廊]「感想宣言」補足 from 雲上四季
 を、書きました。 http://blog.melma.com/00102964/20050420203039  とりあえず上を見ていただければ分かりますが、『回廊』のメインメンバの賛同は得られました。議論中に出た意見としては、「編集部内の意見だけでは閉鎖的だし、ある種の馴れ合いでもあるから、外からの言葉は必須」「酷評した人を逆恨みするぐらいであれば、とっくに小説を書くのを止めている」「感想なんかでは甘温いから、批評や酷評を」といった感じです。  以上で、水池亘さん(id:mizukunn:2005041 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月20日 20:59