2006年09月03日

◆世界観を大量に考えると作品の中で説明したなりますよね。 このエントリーをはてなブックマークに追加

 こんばんは。今まで何をしていたんだ、宣伝班長夏目陽です。
 一体、何日放置していたでしょう。こちらも回廊ブログに入るためのIDは覚えていたものの、パスワードをすっかり忘れていました。何回打ち間違えたでしょうか。まったく、これは本当にサボりすぎです。
 さて、今回は何があったのかというと、我らが回廊が誇るキセンさんの作品、「恋敵の赤い眼鏡と最良の選択肢」と長らく回廊で連載されていた「EGOISTIC IMAGINATION」がFSWになります!
 FSWとはフリーシェアードワールドと言い、ひらたく云うと世界観をフリー(共有自由)にするシステムですと夏目は説明されました。つまり、一つの世界設定を使って、複数の人々で物語を作っていくということですね、と夏目は解釈して納得したわけです。
 ところでSWで有名なのはラヴクラフトのクトゥルーですね。私も大好きです。なるほど、中々面白い企画だと思います。私も機会があれば書いてみたいものです。皆さんもこの機会にエイゴマと恋敵を読み返して、書いてみませんか?

 さて、回廊九月号じゃなくて、回廊第九号ですが、誠意製作中ですよ。今回も前回よりパワーアップして、ばしばしやってます。ばしばしです。もうばしばし。
 それではこれで。また近いうちにお会いしましょう!

 追伸 
 宣伝文の書き方を忘れました。

(2006年9月30日掲載……制作班注・ブログの構成変更に伴い、日付を変更しました。)

| 投稿者 : 夏目陽@宣伝班長 | 投稿時刻 : 2006年09月03日 16:18

| トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:

  http://magazine.kairou.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/118

トラックバック

    "世界観を大量に考えると作品の中で説明したなりますよね。"へのトラックバックはまだありません。