勝手にやってしまうあたり、だめだめ宣伝班長で、あとで画像とかどうするのさと言われたのですが、そんなものはいらない。そんなものがなくなって伝わることはある。そして今、私はそれを伝えたいなんてことを言えればよかったなあと今更後悔しています。
 さて、前述の通り、普通は左メニューの画像と共に紹介するのですが、その画像というのは大抵、小説の表紙の画像になっています。ですが、小説の中には絵師ではなく、写真を加工して扉絵にしているのもあります。それは基本的に発表前には公開しないので、ここでは取り上げられないことになってしまうのです。
 そして、それはまずい作品があります。今回の巻頭であるキセン「Don't Trust Over Zero.」です。この作品を楽しむためには回廊でのキセンさんの連載作「EGOISTIC IMAGINATION CASE.4」を事前に、あるいはゼロを読了してからこちらを読むとさらに作品の深みが増します。私はどちらを先に読んでもよいと思いますが、まずは15日発表の回廊10号のために今日は、「EGOISTIC IMAGINATION CASE.4」を読んでみてはどうでしょうか。
 さて、公開まであと少しとなりました。回廊10号は公開に向けて、驀進中ですよ。

| 投稿者 : 夏目陽@宣伝班長 | 投稿時刻 : 2007年04月13日 23:59

| トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:

  http://magazine.kairou.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/166

トラックバック

    "回廊10号を100倍楽しむための予習、略してかいよしゅ 増刊号"へのトラックバックはまだありません。