こんばんは、宣伝班の痛田です。
 6月15日に発行を予定している、オンライン文芸マガジン『回廊』第11号の中から、今回は女性の恥らう姿にこだわった小説をご紹介します。


・特集小説「呼び声」市川憂人

 これはよい強迫ものですよ。犯人探しのサスペンスもさることながら、犯人からの卑猥な要求を恥らいつつ実行するヒロインの姿は、この小説の最大の見どころと言っても過言ではないでしょう。非常に官能的であります。
 毎晩かかってくる強迫電話に怯える派遣社員の理美。その淫らな要求は日増しに大胆に、そして執拗なものになっていった──。
 続きは『回廊』第11号でお楽しみください。

 今回ご紹介した市川さんのウェブサイトは「Y.Ichikawa's Anonymous Bookstore」です。小説に関する豊富なコンテンツがありますので、どうぞお立ち寄りください。

 それでは次回はクミコさんのイラスト「自己開拓」をご紹介します。お楽しみに!

| 投稿者 : 痛田三@宣伝副班長 | 投稿時刻 : 2007年05月30日 22:17

| トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:

  http://magazine.kairou.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/184

トラックバック

    "第11号の見どころ紹介6"へのトラックバックはまだありません。