2007年09月20日

◆第13号の見所【創作特集】その1 このエントリーをはてなブックマークに追加

 どうも皆さま、こんばんは。
 前回から開始された第13号『回廊』宣伝ですが、肝心なメインテーマの紹介を忘れていました。
 毎回『回廊』では、開門の第11号、凱旋の第12号というように、各号ごとのコンセプトがあります。
 第13号は「今宵、繁栄を盃に浮かべて」ということで、「繁栄」がテーマです。
 繁り、栄え、喜びに舞い上がる人々は夜通し宴を開き、盃を手に月を眺めるのです。

 というわけで、繁栄の第13号。まず始めに創作特集「月夜に出逢う【月】小説」に掲載される作品を紹介します。
 掲載される特集小説は5作品。著者名の50音順に1作品ずつ紹介していきます。
 最初に紹介するのは第11号にもご登場いただいた、市川憂人先生の作品。

・特集小説『ひとりぼっちの月の子は』市川憂人/作

 平たくいえばファンタジー。易しくいえばSF。とまぁ双方の要素を含めた内容です。
 月というのは天体のひとつですから、宇宙から連想してSFと結びつけるのは容易ですが、
 市川先生の作品はそれほど短絡的ではありません。
 私たちは世界を認識するために五感を駆使しますが、それ以外の手段で認識される世界が作品の舞台となります。

 その手段は想像力ともいえますが、この作品を読み解く上でも、皆さまの想像力が要求されます。
 それは、ある人にすれば難解な内容と受け取られるかもしれません。
 けれど、難解さは決して作品の魅力をそこなうものではありません。
 想像力を駆使して作品に挑み、結末まで読み切り、全容を理解した上で読み返し、納得したときの爽快感。
 作品の長さは、じっくり読んでも1時間とかからないほどの長さです。
 読み始めに難しいと感じても、読み終えて理解できたとき。それは1時間前よりも、想像力が成長した証拠です。
 わずかな時間でも、人間を成長させうる。それこそ、文芸が持つ魅力のひとつではないでしょうか。

 というわけで、『ひとりぼっちの月の子は』市川憂人/作
 副編集長、オススメの作品ですよ。

 さらに、市川先生のウェブサイト情報は、こちら「Y.Ichikawa's Anonymous Bookstore」です。
 小説に関する豊富なコンテンツがありますので、是非お立ち寄りください。

 それではまた、次回の宣伝でお会いしましょう。

| 投稿者 : 恵久地健一@副編集長 | 投稿時刻 : 2007年09月20日 23:43

| トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:

  http://magazine.kairou.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/281

トラックバック

    "第13号の見所【創作特集】その1"へのトラックバックはまだありません。