2007年10月14日

◆第13号の見所【連載小説】その2 このエントリーをはてなブックマークに追加

 時間が無いので、もうひとつ宣伝!

・連載小説『歓喜の魔王III REGENFAELLS NUNTIUS. ~ der erste Teil.』六門イサイ/作

 第10号より開始された、六門イサイ先生による好評連載作品。
 人外大暴れゲルマン魔術小説『歓喜の魔王』シーズン・サード、前編です。
 ドイツ語、ドイツ語!

 通算にして3話目ですが、徐々に物語の根底が明かされ、登場人物たちの過去も語られます。
 また今回から、シリーズの核となる〈騎士〉の能力を使用した戦闘が本格的に展開されます。
 物語が大きく動き出しますので、見逃せない内容ですよ。

 形態としては、ライトノベル色の濃いキャラクター小説です。
 人を描くことを小説の信条とする方の中には、キャラクター小説を否定する意見もありますが、たとえば実際の人物が語るよりも、擬人化されたキャラクターの発する言葉の方が読者に届きやすいという場合もあります。
 子供たちに「ボクと握手!」と語るヒーローや、ウサギと亀のような童話などもそうですね。

 人から外れた存在だからこそ表現できるものがあり、過激な表現も嫌悪を感じず楽しめる。  
 命を持たないからこそ、生きることの陰影がより際立つ。

 前作シリーズを未読の方でも楽しめますが、全部を読めばさらに楽しめます
 是非とも合わせてご覧ください。 

| 投稿者 : 恵久地健一@副編集長 | 投稿時刻 : 2007年10月14日 17:30

| トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:

  http://magazine.kairou.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/323

トラックバック

    "第13号の見所【連載小説】その2"へのトラックバックはまだありません。