2007年12月04日

◆14号の見所【特集小説】 このエントリーをはてなブックマークに追加

 情報公開のお時間でーっす!
 今回の紹介は特集小説 『黒い飛行船』(著/遥彼方)です。
 遥彼方さんは、『回廊』では長らく幻想小説とイラストを手がけておられる方で、まったくもう、絵心のない当方につきましては大変うらやましい方でありんす。
 遥さんのイラスト作品などは、『回廊』12号の中表紙『戦乙女と蒼い鳥』をご参照ください。14号でも中表紙を務められますよ!
 そんな遥さんの最新小説作品『黒い飛行船』は、その絵の雰囲気に違わぬ世界を繰り広げます。
 前半はノスタルジ(チ)ック、そして後半は不気味で不条理な悪夢的な話運び。一読して意味が分からなくても、再読することで「あっ、あの時…」という発見が得られます。

 以上、『黒い飛行船』でした。
 次回の紹介は、『回廊』きっての煌めく感性の持ち主・星見月夜さんの掌編『帰郷』です。どうぞお楽しみに!

| 投稿者 : 六門イサイ@副編集長 | 投稿時刻 : 2007年12月04日 23:26

| トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:

  http://magazine.kairou.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/330

トラックバック

    "14号の見所【特集小説】"へのトラックバックはまだありません。