2008年03月06日

◆第15号告知~特集小説その1~ このエントリーをはてなブックマークに追加

 どうも、皆さま。『回廊』宣伝部です。まだまだ寒いですが暦では3月になりましたね。
 チャット会も無事に終わりまして、第15号発行の3月15日まで残り10日を切りました
 宣伝班の方も、どんどん情報を公開していきますよ。

 さて本日は、特集小説の中から前半の4作品をご紹介。
 今回の特集【紀行】は小説作品だけでも13作品ありますので、いくつかに分けてお伝えさせていただきます。

 まずは巻頭作品。
 中世の中国に実在した書家・蘇軾(そしょく)を主人公に、長江の旅を描く本格時代小説。
・「長江のうた 星へのたび」著/添田健一

 続きまして。
 謡東の町を舞台に、過去の記憶や町の歴史が幻想的に描写される中、主人公の不安な感情が読者を引きつける。
・「謡東の夜」著/遥彼方 絵/Scarlet.D.T

 さらにこちら。
 旅先で猫に遭遇した主人公が、土地に秘められた不思議な現象を体験するユーモア小説。
・「嘘を食べる猫の話」著/霞永二

 そして本日の最後。
 思い出の場所に列車で向かう主人公が、同じ目的地を目指す青年と出会うことで始まるハートストーリー。
・「野の花」著/市川憂人 絵/みつ

 以上が前半の4作品。中国、謡東、不思議な土地に、思い出の場所と。
 土地に関連づいた旅を行くラインナップとなります。
 東京には空がない、と書いたのは高村光太郎の「智恵子抄」。
 土地が変われば空の色さえ変化して見える、あの感覚。土地の数だけ物語がある。
 重いコート脱いで、出かけませんか。もうすぐ春ですね!

 というわけで、皆さまも物語の旅をご堪能ください。それでは、また次回。

| 投稿者 : 恵久地健一@副編集長 | 投稿時刻 : 2008年03月06日 05:53

| トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:

  http://magazine.kairou.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/404

トラックバック

    "第15号告知~特集小説その1~"へのトラックバックはまだありません。