画面をご覧の皆さま、こんばんは。『回廊』宣伝班です。
 3月15日発行予定。最新刊『回廊』第15号の宣伝も本日が最後です。
 これまでの告知にお付き合いをいただきまして、ありがとうございました。

 それでは第15号の中から、本日はコラム作品と超短編小説作品をご紹介。

 まずは【コラム作品】から。
 当誌を代表する書評家コンビが、講談社ノベルスの名著を痛快な語り口で斬る。
・「講談社ノベルス25周年記念復刊で読書会」対談/キセン×秋山真琴

 こちらも最終回。ほんのり笑えて、なんとなく役に立つ。脱力系コラムの真骨頂。
・「積読にいたる病 第八回」著/踝 祐吾

 そして、メールマガジン『雲上』からの傑作選を含む【超短編小説】。
 著者の多才な実力を感じさせる、ジャンルを超えた超短編小説集。表題作を含む七作品を掲載。
・「人を見送りひとりでかへるぬかるみ」著/赤井 都

 当誌へのオマージュを含め、独特の鋭さとブラックな生々しさを感じさせる超短編小説。
・「EMOTIONAL NOTEBOOK」著/キセン
・「KAI-ROU」著/キセン

 北欧神話のオーディンと進学校を、著者ならではの感性でシュールに融合化。
・「ODIN」著/痛田三

 以上、6作品。ここまでが雲上の第15号に掲載される作品の内容です。
 ではこれにて、宣伝班のお役目もご免。
 あとは発行を待つばかりですが、私の方は一足先に倒れるといたしましょう。
 へっ、天国が俺を呼んでるぜ。(……雲上だけに)

| 投稿者 : 恵久地健一@副編集長 | 投稿時刻 : 2008年03月14日 01:44

| トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:

  http://magazine.kairou.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/439

トラックバック

    "第15号告知~コラム&超短編小説~"へのトラックバックはまだありません。