昨年、7月から8月にかけて開催しました「雲上の庭園」ですが、この度、第2回を開催することにいたしました!

 初めての方に、かんたんにご説明いたしますと、
■サイト上で1000字以内の掌編小説を募集。
■メールマガジン『雲上』にて応募作を匿名で掲載。
■「お気に入りの五作」の募集&掲載。
■開催者による全作寸評を掲載。
 といった企画です。
 応募資格は不問。ネット環境をお持ちの方であれば、どなたでもご参加いただけます。

 なお、第1回募集では、応募作の中で特に優れた作品を回廊文庫『幻視コレクション』に掲載させて頂きましたが、第2回の今回も同じく選考させていただいた上で『幻視コレクション』に収録させていただく予定です。
 ちなみにヘッダー画像が前回のままですが、こちらは近いうちに更新します。今暫くお待ちくださいませ。後、メールフォームも専用のものに差し替えられるよう準備中です(もちろん、現在の状態でも受付中です)。

 以下、募集要項です。
■1000文字以内のオリジナル掌編小説を募集します(20字×50行以内に収まるようご注意ください)。
■テーマは「現実に溢れる虚構」とさせて頂きます。
■題名はご自由におつけください(ない場合は「無題」とさせて頂きます)。
■投稿作に上限はございません。
■投稿作の締め切りは2月28日とさせて頂きます。
■投稿作はメールマガジン『雲上』に匿名で掲載させて頂きます(3月10日発行予定)。
■投稿者は3月31日までに「お気に入りの五作」を選出し、寸評の執筆をお願い致します。
■『雲上』4月5日発行号に、投稿作の著者名と寄せられた寸評を掲載させて頂きます。
■作品の応募はメールフォームからお願いします。お名前は筆名で、メールアドレスは必須です。

| 投稿者 : 『回廊』編集部 | 投稿時刻 : 2009年02月01日 13:57

| トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:

  http://magazine.kairou.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/456

トラックバック

    "雲上の庭園、第2回募集を開始します!"へのトラックバックはまだありません。